模試の活用の重要性 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

2017年 7月 6日 模試の活用の重要性

 みなさん、こんにちは!

担任助手の尾山です。

6月25日にあった東進模試から2週間が経過しようとしていますが、

みなさんは模試の復習、しっかりと終らせましたか?

やらなきゃなぁとは思っていても、

ついついなおざりにしてしまっていませんか?

今回はそんな模試活用の重要性についてのお話です。

1度解いたことがある問題を復習するのは面倒だ

と思っている人も多いかと思いますが、

実は大学入試センター試験では

模試の類似問題が出題されることが多く、

2017年度大学入試センター試験では

2016年度のセンター試験本番レベル模試の出題に類似した設問は

なんと41個もあり、配点は132点分もありました。

見たことはあるのにできなくて悔しい思いをした経験、

みなさんにもきっとあると思います。

また、模試は自分の弱点を見直すよい機会です。

間違えたところから

自分がこれから重点的にやらなければならない分野を見つけてみてください。

重要性はわかっても復習方法がわからないなぁ

と思っている方もたくさんいると思います。

次回の更新は模試の復習法

についてとりあげるのでお楽しみに!

自分で勉強するのは不安だという方に

東進ハイスクールでは無料の模試の解説授業も用意しておりますので、

気になった方は下記までぜひお電話を!

↓↓↓

TEL:0120-104-202