「1日の遅れは合格率を1%下げる!?」 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2015年 4月 15日 「1日の遅れは合格率を1%下げる!?」

 

*****4月15日***** 

1日の遅れは合格率を1%下げる!?

 **************

 

4月なら東進!

 

 

こんにちは、志木校の古谷です!

最近天気が寒くなったり、雨が降ったり、落ち着かないですね。。

高校生の皆さんは新学期も始まり、新しい学年にも慣れてきた頃かなと思います。

 

さて、少しずつ部活や学校行事も本格化してくると思いますが、勉強の調子はどうですか!?

毎日忙しくしているとあっと言う間に1か月、半月、1年と時間が経っていきます。

 

実は「1日の遅れは合格率を1%下げる」ことを知っていますか??!

下の図を見てください。

 

 

東進の過去問演習講座・志望校対策講座を4か月間しっかりと行った生徒の合格率はなんと80%と出ています。

これは秋から冬にかけて、志望校過去問の演習を10年分行うということです

でも実際に志望する大学の問題を見たことはありますか??

とてもすぐに手をつけられる難易度ではないですよね。

 

過去問を解く為には、夏までに基礎を固めておく必要があるのです。

受験においての「基礎」とは?? それはセンター試験レベル(1・2年生の教科書の範囲)を固めるということです。

 

 

夏が終わるまでに過去問が解ける程度の実力をつける必要がある 

= 

センター試験レベルは固めておく(全科目7~8割とれるようにする)必要があるということです

 

 

じゃあ、4月の今は何をすべきなのか。

単語・熟語・文法を固めきるのはもちろん、必要な学習量は全て終えることです。

東進生の皆さん、高速基礎マスターは進んでますか??受講は6月末までに終わる計画になっていますか?

もう一度見直してみましょう。

 

 

 

そしてこの合格率よくよく見てみてください。

1ヶ月(30日)減る毎に、30%ずつ合格率が下がってますよね。

 

 

 

つまり、夏や秋にいきなり頑張れば良いという訳ではないということです。

 

「もう少し学校に慣れてからでいいや」

「文化祭が終わってから頑張る」

「部活を引退してから本気だ」

 

 

と、思っているそこのあなた!!!!!!

 

今、この時期にどれだけ基礎を固めるかで実は勝負は決まっています!!!

 

 

部活や学校行事が忙しい中でも、1時間でも30分でも学習の時間を確保することが大事です。

東進の映像授業や高速基礎マスターは、学校も部活も受験勉強も全て頑張る皆の為のシステムです。1日も無駄にせず、後悔の無いようにしましょう。

 

まだ東進に通っていない皆さんも、ぜひ校舎に相談に来てくださいね!!

東進のスタッフが無料の学習アドバイスを行います!!!

 

 

夏、頑張るのは当たり前。

4月こそ、勉強に集中すべき時。

 

志木校の皆が第一志望校に合格できるように、スタッフと一緒に受験に向けて走り抜けましょう!!!!