東進の【正月特訓】とは?実際に参加してきました! | 東進ハイスクール 志木校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2021年 1月 3日 東進の【正月特訓】とは?実際に参加してきました!

 

 

こんにちは、東進ハイスクール志木校の大川です。

あっという間に2020年が終わり、

ついに2021年になってしまいました。

今年も何卒よろしくお願いいたします。

 

ところでみなさん、

「年越しの瞬間」何をしていましたか?

数学を解いてましたか?

音読をしてましたか?

ガキ使を見てましたか?(そうだったら怒ります)

 

私はなんと…

 

 

寝てました。(11時に)

 

 

寝て起きたらすでに2021年になっていました(泣)

 

どうして大晦日にそんなに早く寝たのかというとですね、

次の日早く起きなければならない理由があったのです。

 

それは・・・

1月1日、2日にある受験生の「正月特訓」に参加したからです!!

※解説担当:ブタくん

 

 

私が受験生のとき、担任助手1年目のときは

正月特訓に参加していなかったので、

今回が正月特訓初参戦でした!

 

ということで今回は

実際に参加してみてわかった

【正月特訓レポート2021】

をQ&A形式でしていきたいとおもいます!

 

 

正月特訓に参加する受験生は

「英語がもう一声伸び足りない生徒」

「私大に向けての英語対策をしっかりやりたい生徒」

など、

英語の勉強に関してなにか補強する必要がある生徒たちです

 

例年志木校だと、20人程度が参加します。

正月特訓の学習内容は選んだコースによって異なります。

 

✔Aコース

Aコースは【長文読解対策コース】です。

対象大学は明治大学、青山学院大学、法政大学など。

有名私大を目指している生徒向けとなります。

「単語の意味や文法は分かるけど、長文になると解けない…」

という人にはぴったりですね。

担当してくださった先生は大岩先生でした!

(優しそうな先生ですよね。)

 

✔Bコース

Bコースの生徒は【正誤問題対策コース】です。

対象大学は中央大学、学習院大学、成蹊大学など。

正誤問題って意外と文法が出来るだけじゃ解けないんですよね。

文法の知識はしっかり踏まえた上で、

正誤問題の練習をしないと解けないんです。

そこを丁寧に解説してくれるのがこのコースです。

担当してくださった先生は西田先生でした!

 

✔Cコース

Cコースは【整序英作文対策コース】に行います。

対象大学は國學院大學、成蹊大学など。

並び替え問題、苦手な人いますか?

並び替え問題は、熟語やイディオムなど、単語を素早くペアにしながら

解くのが非常に大事です。

ここで時間をかけてしまうか、サクッと解けるかで

かなり合否の分かれ目になってきますね。

担当してくださった先生は土岐田先生でした!

 

✔Dコース

Dコースは【語彙力強化コース】です。

英語はまず語彙力を固めるところから始まりますからね。

このコースは英語に苦手意識がある生徒向けのコースです。

担当してくださった先生は武藤先生でした!

 

流れは以下の通りです

※以下くりかえし

 

 

特に注目なのが、【ZOOMによる講師のLIVE授業】です!

 

確認テストを解いた後にすぐ、

先生たちが確認テストの解説を生配信で行ってくれます!

 

 

生配信なので、

その場でチャットで自分から質問ができたり、

どの問題を解説してほしいかアンケートをとったり、

確認テストの成績優秀者が表彰されたりもします。

 

(自分のコメントが読まれたり、

表彰をされていた生徒はとてもうれしそうでした(笑))

 

 

志木校でも多くの生徒が表彰されて、

中には確認テストの総合点で全国一位をとった人もいました!

(すごくないですか!?)

 

オンラインになることで、

より身近に講師と話せたり、

全国の東進生たちを意識すること

出来るようになったのではないかと思います。

※以下長文です、頑張って読んでください!※

 

正月特訓から得られるものは

知識や休み時間の有効活用の仕方などももちろんあります。

 

しかし大川が思う、

正月特訓から一番得てほしいものは

「戦略力」

です。

 

この一言だけだと、まだちょっとピンとこないと思うので

1つ問題を出してみましょう。

 

 

 

Q,「もうすでに出来る問題」を

くりかえし何度も何度も解いたとき

入試での点数は何点上がるでしょうか?

 

 

10点?20点?それとももっと?

 

・・・いいえ、0点ですね。

すでに「できるもの」を再確認しても、

自分の学力は上がりません。

 

 

点数をあげるためには、

自分が「出来ない問題」「出来る問題」

にする必要があります。

 

 

そのためには何をするべきか?

 

「自分がなにができないのか」

を冷静に分析し

「どうすればできるようになるのか」

を考え

「いつやるのか」

を決めて行動する。

 

これがつまり「戦略力」です。

 

 

 

正月特訓を経て、

自分に今足りないものを見つけ

それを入試本番までに全力で埋めに行く。

 

この力を是非得てほしいです。

 

ということで、【正月特訓レポート2021】でした。

 

 

みなさん今年はどんな1年にしたいですか?

悔いのない一年にするためにも、精一杯の努力をしましょう。