からだの調子を整えよう | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2020年 10月 3日 からだの調子を整えよう

こんにちは!担任助手の澤井です。

今回は『からだの調子を整えよう』というタイトルです。

受験生はもちろん、低学年の皆さんにも読んでいただきたいです。

 

突然ですが、

朝起きてからずっと眠い

頭が重くて思考が冴えない

からだのどこかがずっと痛い

など、体調があまりすぐれないと感じる日はありませんか。

 

私が高校生だった頃、周りの友人の多くがこのように訴えていました。

授業でも部活動でも本調子が出ないまま過ごすのはかなり辛いことです。

 

この症状の大きな原因として考えられるのは『睡眠不足』です。

 

一般には一日に6~8時間程度の睡眠が必要と言われますが

個人によってばらつきがあります。

大切なことは自分にどれくらい睡眠が必要なのか、

ということを正しく理解して、それを毎日続けていくことです。

 

また、睡眠の質も大きな要因です。

寝る前にスマホやタブレットの画面を見たり

先のことを考えて不安になったりすると質が低下します。

睡眠前の習慣を見直すとともに、

ゆっくりとお湯につかったり

バランスの良い食事を摂ったり

神経の興奮を抑えてくれる機能性表示食品を摂ってみたりと

工夫を凝らしながら生活すると楽しいかもしれません。

 

からだと向き合い、体調を整えることも

受験の戦略の一つと言えるでしょう!

 

 

もちろん、睡眠不足以外にも原因は考えられます。

体調がすぐれない場合にはなるべくすみやかに医療機関への受診をしましょう。