センターの落とし穴<数ⅠAと数Ⅰの解き間違い> | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2014年 12月 28日 センターの落とし穴<数ⅠAと数Ⅰの解き間違い>

おはようございます。

いよいよセンターまであと20日となりました!

ところで、センターで「数ⅠAと数Ⅰを間違える」という話を聞いたことがありますか?

模試ではそうでないことも多いのですが、センター試験本番では、

数Ⅰと数ⅠAの問題が同じ冊子にあり、

数Ⅰが前、数ⅠAが後ろにあります。

 

そして、例年、

「数ⅠAを解くはずの生徒が数Ⅰを解く」というミスが多発します!

かなりのタイムロスになり、スピード勝負の数学では致命傷になりかねません。

先日行われた東進のセンター模試でも、

多くの人がこの過ちを犯して点数をかなり落としていました・・・。

(本番じゃなくて良かった…)

 

「注意すればいいだろ!」

と思う方もいるかもしれませんが、

センター本番は、かなり緊張して、パニックになる人も多いです。

 

では、どうすれば良いのか?

対策は、あります。

問題冊子が配られて、冊子に触れるようになったらまず、

 

ひっくり返すんです。

こうすれば、開始の合図で急いで1ページ目をめくって問題を解き始めることがなくなるので、

ミスを未然に防ぐことが出来ます。

是非試してください!

 

また、万一そのミスを犯していた場合も

まず、落ち着いてください。

本番では、数Ⅰと数ⅠAで同じ問題が出題されることも多いです。

なので、「どの解答が生きているのか」をまず確かめてください。

くれぐれも焦って全て消すことのないように!

 

なお、このミスは数Ⅱと数ⅡBでも同様に起こりえます。

数Ⅰ・数ⅠAを前にやって(人によっては失敗して)

だいたい受験生は慣れているので、こちらはレアケースなのですが、

やっぱりこちらもいます。油断大敵です。

 

本番では今までの勉強の成果を出しきりたいですよね!

こういうミスで点数を落とさないように十分気をつけましょう!

 

———————————————————————

 

東進では1月17日、18日に

 

センター試験同日体験受験を実施します!!

 

受験生と同じ日に同じ問題に挑戦してみませんか?

 

無料招待ですので、ぜひお申込みください!!

 

 

 

 

  

 

 

 

 

志木校 宮本