不合格通知が来たときは・・・ | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2021年 2月 10日 不合格通知が来たときは・・・

みなさんこんにちは、東進ハイスクール志木校の大川です。

2月も中旬に差し掛かろうとしていて、ついに受験本番シーズンの佳境となっていきますね。

みなさんもそろそろ併願校の受験を終え、第一志望の受験に臨む人が多いのではないでしょうか…

 

さて、第一志望の受験を終える前に併願校の合否が発表される人も多いと思いますが

 

併願校、落ちてたら結構しんどくないですか?

 

え、併願なのに落ちちゃった…

うわ、不合格・・・?

うわぁ、モチベ下がるわ…

勉強が手につかない…

 

第一志望直前なのに、そんな気持ちになってしまって勉強出来ない人もいるのではないでしょうか

 

ということで、今日は「不合格通知が来たらどうするか」のお話をしていきたいと思います。

 

①「第一志望前にいい練習ができたな」と自分に言い聞かせる。

今不合格なおかげで、自分の出来なかったところが分かった!

本番前に、入試に慣れることができた!

よかったよかった!じゃあもう忘れよう!

 

このぐらいの気持ちで大丈夫です。

結局併願校が受からなくても第一志望さえ受かってしまえば受験は大成功なので

併願校にへこんで受験本番にしっかり対策できないことのほうが問題ですね。

 

②逆に不合格をバネにして心を燃やす

不合格の原因がケアレスミスであれ過去問演習不足であれ、

何か自分の「実力不足」で不合格になってしまったことは確かです。

悔しくないですか?

そう、”心を燃やせ” ですね。

人間は悔しいときほど力が発揮できます。

共通テストが終わって少し気持ちが抜けているなと思う人は

逆にこれをきっかけに最後まで走り切りましょう。

 

③そもそも合否をみない。

ずーっと合否を見ないわけにもいきませんが、

例えば第一志望の前日に併願校の合否発表があるときは

受かっていたら調子に乗ってしまうかもしれないし

落ちていたら第一志望に影響が及ぶかもしれない。

メリットがどこにもないですね。

そういうときはそもそも合否はみない。これもある種の戦略でしょう。

 

受験がおわるまで、早い人はあと数日

長くともあと一か月です。

この受験が終わるまでの間を頑張れない人は

きっと人生何があっても頑張りぬけないでしょう。

最後まで気を抜かず、不合格通知に負けず

頑張れ受験生!