今の時期の高2、高1生の勉強方法 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2015年 12月 24日 今の時期の高2、高1生の勉強方法

こんにちは!

昨日は、東進では受験生最後のセンター試験本番レベル模試でした!

だんだんと入試の足音が近づいてきましたね。

 

昨日の弊校舎ブログでは受験生の勉強・対策について触れたので、

今回は高2、高1の生徒の勉強方法について触れたいと思います。

 

まず、受験を来年以降に控える皆さんには、

センター試験同日体験受験

の受験をおススメします!

 

「今から本番と同じ問題なんて・・・」

と思う人もいるかもしれませんが、

大切なのは敵を知ること!ゴールを知ること!

さらに、センター試験は基本を問う試験であって、

高2までに習う範囲から大方出題されます。

英語・数学・国語については、人によっては高1の生徒でも高得点を出します。

つまり、決して歯の立たない試験ではないんですね!

東進のセンター試験同日体験受験

無料で全科目受験可能

スピード返却で復習しやすい

ですし、この機会に是非受けてみてください!

 

 

では、センター試験同日体験受験にむけて、あるいはその結果を踏まえて、

どんな勉強を、高2・高1の皆さんはすればよいのでしょうか?

 

もちろん志望校や現在の成績などによっても異なりますが、

私が生徒の皆さんに強くお勧めしたいのは

英語、そして数学の勉強・基礎の徹底です。

 

定期試験を思い浮かべてみてください、

もし初見の文章や問題が出題されるとして、

あなたが一夜漬けでは厳しそうだな、と思い浮かぶのはどの科目ですか?

おそらく、英語と数学でしょう。

流石に入試に一夜漬けで臨むことはまずありません。

(というか、定期試験も一夜漬けはダメですよ!)

でも、定期試験の一夜漬けと同じく、

英語と数学は受験の直前期(秋、冬)になると

なかなか伸びてくれないんです!

だから、英数の対策を早めに始めること

大学受験を順調にすすめるためのカギになるんです。

そして、受験が近づくにつれて理科や社会の比重を増やしていくのが王道です!

 

英数の対策は基礎基本の徹底から!

基本がまるで出来ていなかったら応用の勉強の効果が薄くなってしまいます。

英単語を覚えたり、数学の基本問題に慣れたりするのは直前期にはなかなかできないので、

なるべく早い時期に済ませるようにしましょう。

基本の習熟度の目安としても、センターレベルの問題を活用できますね!

 

勉強方法に疑問がある、受験勉強をうまく乗り切れるか不安、

大学は憧れの志望校に合格したい!という方、

いつでもお気軽に当校舎までお問い合わせください。

スタッフ一同、誠意をもっておこたえします!

お申込みなどはコチラから。

 

~お知らせ~

 

 

 

 

 

志木校  宮本