今日のコラム! | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2014年 5月 18日 今日のコラム!

 

こんにちは!!!広島です!!!

毎日暑いですね!夜との急な気温変化で体調を崩さないようにしましょう!!

本日は有名大・難関大模試です!!!

みんな必死で問題に取り組んでいます!!!結果が楽しみですね 😛 !

 

さて本日はコラムを紹介します!

本日のお題は『 閏年 』、英語で leap year の語源についてです!!!

 

閏年(うるう年)というのは、4年に一度だけ、1年の日数が366日になる年のことです!

ちなみに今年は違います….笑

しかし、今年はワールドカップイヤー!!!

みなさん日本代表を応援しましょう!!!!!!

では、閏年について話をもどします。


閏年とは、普通の年と違い、2月が28日までですが、閏年には29日までとなって1日多くなります!

その『 閏年 』!ずばり英語では leap year というのですが、、、みなさん知ってましたか???

そこでみなさん何か疑問を感じませんか???

ちなみにleap year という単語のleap は “跳ねる”意味の英単語です。これも知ってましたか???

そして、なんでleapを使うんだろうって思いますよねよね?!

そこで、僕は調べてみました!

ずばり!leap「跳ねる」とは「曜日」を跳ねてるそうです笑!

なぜ曜日か?というと

普通の年が続く場合、翌年の同日の曜日は次の曜日になるという法則があるそうで、

(例えば、本日は5/18の日曜日なので、来年の5/18は月曜日といった感じです!)

そこで、2月が一日多くなる閏年では、2月29日に、曜日がひとつ余分に進みます、

もしも去年の5/18が土曜日で今年が閏年なら、

今年の5/18は日曜を 跳んで月曜日になる、だから「leap」という語がはいるのです!!!

みなさんおわかりいただけたでしょうか 🙂 ??!

 

それでは、来週もお楽しみにしてください!!!

 

ただいま部活生特別招待講習お申し込み受付中!!!

詳細はコチラまで!

 

志木校 担任助手 広島