今日のコラム | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2014年 9月 7日 今日のコラム

こんにちは!! 

 

昨日に引き続き雨が降っていますね、

 

雨の日はいろいろと不注意になってしまいがちなので

 

気を付けましょう!!

 

 

 

さて、本日は化学に関するコラムをお送りしたいと思います。

 

 

卵をチンするとなぜ爆発するのか!?

 

皆さん卵を電子レンジに入れてチンをすると、

 

爆発するのはしっていますよね?

 

それではなぜ爆発してしまうのでしょうか?

 

それは、卵の白身と黄身の固まる温度が違うため、

 

黄身のほうが先に固まってしまうので、

 

白身と殻を破裂させるからです。

 

では凝固する温度はどれくらい違うのでしょう。  

 

まず白身の方はドロドロした流動性の液体になるのが62~65℃。  

 

70℃くらいになるとかなり固まってきますが、

 

完全に固まるのは80℃以上です。  

 

ところが、

 

黄身の方は65℃~70℃の間で完全に固まってしまいます。  

 

この温度差はお湯で外側からジワジワとゆでた時は

 

特に問題はありませんが、

 

電子レンジで暖めると中心も含めて

 

温度が上がってしまいます。

 

から凝固温度の低い黄身はすぐに固まってしまい、

 

その時はまだ白身はまだドロドロ。

 

そしてこのときに内側から強い黄身の圧力を受ければ、

 

簡単に破裂してしまいます。

 

危険ですので実験しないで下さいね!

 

 

 

 

志木校 担任助手 近藤