全国統一高校生テスト、活用法(社会)を紹介!! | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2014年 10月 14日 全国統一高校生テスト、活用法(社会)を紹介!!

こんにちは!
台風一過の、良い天気でしたね!

全国統一高校生テストまで、残り12日となりました。
ご検討中の方、是非お早めにお申込みください。

今回は、センター模試の活用法(社会)を紹介したいと思います!

社会って、もう学習がほとんど済んでいる人だと、20分とかで終わってしまいますよね?
残った40分、どうしますか?
ぼーっとしますか?寝ますか?
それじゃもったいないです!!

社会に限らず、センターは普通、分かれば答えだけマークして
あとは特に何も書かないと思います。
時間が勝負の科目ではそれも一法ですが、社会は時間が余ります…。

その対策というか、有効活用として、私が現役時代にやっていたのは、
これです。

 


問題用紙の空白に、解説だとかツッコミを書いていたんです。

私は国立文系だったので、二次に社会の記述がありました。
記述のためには、物事に関連することを自分で思い出したりして記述する必要があります。
その訓練として、センターの問題文を用いて、余った時間で発想の練習をしていました。

また、関連事項を色々と思いだしていると、問題を解くのに関係なくても、
所々忘れているところが見つかるんですよね。
そういうところを試験の後に復習して、穴埋めをしていました!

「自分は二次で社会の記述ないから…」と思ったあなた、
そんなあなたにも、是非この方法をお薦めしたいです。

自分で深く見直すことにもつながるので、この方法を実践していると、
勘違いによるミスが無くなります!
関連事項を拾っていると、勘違いをしてても矛盾が見つかって、ミスに気づくんですね。
おかげで、この方法を取り始めてからは、世界史はだいたい満点を取っていた覚えがあります。

ちなみに、写真は世界史ですが、
地理日本史にも、この方法は使えます!
二次における地理の記述は発想勝負な部分も大きいので、
センターの問題を解くことが良い訓練になります。

社会を受験する皆さん、試験の余った時間を有効活用しましょう!

本日の担当は宮本でした。

————————————————————————–

現在、全国統一の申し込みを受け付けています。

あなたも自分の実力を試してみませんか?? 

下記より申し込みを受け付けております!

  

 

受験で悩んでいる高校生、少しでも話を聞きたい方は↓↓まで!!!