出願をはじめよう! | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2020年 12月 29日 出願をはじめよう!

こんにちは!

東進ハイスクール志木校の水野です(^^)/

2020年も残りわずか、

そして入試本番もいよいよ間近ですね。

 

受験生は勉強に追われる冬休みになると思いますが、

私はそれ以上に、受験生時代の年末年始に

追われていたなぁと感じるものがあります。

それは、何かというと、

出願です。

 

大体、このくらいの時期から大学が出願を開始します。

もちろん期間は大学によって様々で、

1月半ばまで続くところがほとんどですが

『今は勉強に専念したいし、出願めんどくさいな、ぎりぎりでいいや』

と思っている人がもしいたら、

本当に危ないです!!

 

封筒の作り方や、中に入れる資料顔写真の提出方法などは、

大学によって全然違います。

 

大学の入試サイトをよく読んで、

1から自分でやらなければなりません。

また、共通テスト利用で私立大学を出願しようと考えている人も多くいると思いますが、

学部、学科、専攻などまで決めてありますか??

各学部の昨年度のセンター利用合格最低点、倍率などは確認しましたか??

 

、、、私は、正直

「この辺センター利用で出そう~」としか考えておらず、

 

いざ出願するときに、

「この大学、こんなに色々な学科があったの!?」

「学科によって去年の合格最低点がこんなに違うの!?」

「英検利用型、均等配点型、1科目重視型、、どれが一番受かりやすいんだろう、、、」

「受けようと思っていた学部、めっちゃキャンパスが遠かった、、」

 

などなど、悩みまくり、

出願にめちゃくちゃ時間がかかりました^^;(笑)

なるべく早めにやろうと思って、

年末年始にその作業をやっていたのが幸いでした。

締切ぎりぎりになってそんなことになったら、、、

もし出願失敗して受験できなかったら、、

と思うととても怖いです(-_-;)

 

出願は、受験をするうえで、

当たり前ですが絶対に誰でもやらなければならないことです。

時間のある冬休み、

年末年始にまとめてやってしまうのがオススメです!

 

また、家の人に手伝ってもらうことはいいですが、

基本的に自分でやりましょう。

 

自分の受験のことだから、というのは当たり前ですが

出願する際に、受験するだけでどれだけお金がかかるかがわかります。

私は、すべり止めで受けるところも合わせると全部で50万円ほどかかりました。

受験の重みを感じるし、受験費を払ってくれる両親への感謝も感じました。

 

時間のある冬休み、勉強ももちろん大事ですが、

それ以外にもやるべきことがあるということを

頭に入れて過ごしてください!!