初歩と基礎、どっちが大切?? | 東進ハイスクール 志木校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2021年 4月 19日 初歩と基礎、どっちが大切??

こんにちは!志木校担任助手 澤井です!

大学の講義ノートを取るためにiPadをゲットしたのですが、
保護フィルムを貼ることに大失敗して元気が出ない月曜日です。。。

 

さて、今日は
「初歩と基礎、どっちが大切??」
というタイトルです

どっちも同じじゃん!と感じるかもしれませんが、
これが大きく違うんです!

 

たとえば家を建てるときを想像してみてください。

初歩とは家を建てようと思ったときに踏み出した最初の一歩です
いま立っている地点から
足を踏み出せば初歩にはなります

一方、基礎は風雨や地震で簡単に崩れない土台をつくる行為です
熟練の職人が経験に基づく技術を多用して
ようやく出来上がります

ゆえに基礎をつくることは
初歩を踏み出すことと比べることが出来ないほど
大変なことなのです

 

受験勉強は家を建てることに似ていると言われます

基礎力という土台があって
演習に裏付けられた経験という柱があって
はじめて成り立つものです

受験勉強をある程度進めると
難しい問題にどんどん挑戦していきたくなると思います

解けない問題もまだまだあるかもしれません

そのときに
「時期が早かったから解けなかった」
と片づけるのではなく

基礎に立ち返って、自分の土台に穴がないか
いま一度確認するようにしましょう!!

 

東進ハイスクールには
「高速基礎マスター養成講座」があります

スマートフォン、タブレット、PCなどで
英単語や文法、古文単語や各教科の一問一答など
基礎的な分野をスキマ時間をつかって勉強するものです

厳選された必要な知識を短期間で修得できますし
ゲーム感覚で飽きずに続けられます

ぜひ活用してライバルたちの何十歩も先に行こう!!