受験勉強と就職活動 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2020年 11月 28日 受験勉強と就職活動

みなさんこんにちは!志木校担任助手の安本です!

 

しばらく校舎に居なかったので、見かけた人は

「ひさしぶりにいるな、あの人」と思ったことでしょう…

 

なぜしばらくいなかったのか!

大学生になれば、おおよその人が経験することになる

「就職活動」をしていました!!!(それだけではないのですが!)

 

その就職活動を通して、大学受験を志す受験生に伝えたいことは

「大学受験の経験は必ず活きる」

「大学合格は中間目標に過ぎない」

です。

 

しかし、このブログを見ている方のほとんどは高校生。

「就職活動とはなんですか?」と思っているでしょう。

 

ただ就職活動についてお話してもつまらないので

「受験勉強」「就職活動」を絡めながらお話していきます!

 

※まず就職活動とは?

略して就活とも呼ばれ、特に学生・失業者が企業・官公庁に正規雇用されるための活動。

 

ざっくりまとめると

「働きたい場所」を探す

その企業に入るために必要な能力を身に着ける

その先にある夢・志を叶えるステージ=企業に就職する

ことです!

 

この流れって「受験勉強」と通ずるところがあるのではないでしょうか?

目標とする大学を決める(その背景に将来やりたいことがあるとする)

目標と現状の学力のギャップを埋める

その先にある夢・志を叶えるためのステージ=大学に入学する。

 

「受験勉強」においては、

心の底から行きたい大学を決めるために情報収集をし、

自分が将来やりたいこと・叶えたいことは何なのかを考える。

行きたい大学に合格するためにギャップは何なのかを考え、

勉強して埋めていく。

 

大学受験に真摯に取り組めば自ずと

「将来に活きる経験」ができるでしょう。

 

そして大学に合格すれば、

既にふれた就職活動があり、

さらにその先にはその人だけの道があります。

 

要するに、「大学合格はゴールではない。ただの中間目標に過ぎない。」ということです。

 

 

「大学受験の経験は必ず活きる」「大学合格は中間目標に過ぎない」

ことを伝えました!

僕が述べたことはある意味「社会に出て企業で働くこと」が前提になっています。

しかし、企業で働かなくてもいいわけです。独立して会社を立ち上げる人もいます。多様な価値観が受け入れられるべきです。

 

 

だけど、どんな道でも自分で決めた道ならば

「覚悟を持ってやり通す」ことが大事なのではないでしょうか?

それは「就職活動」でも「受験勉強」でも変わることはないはずです!

 

 

長々と書きましたが、僕も就職活動が終わったわけではありません。まだまだ道の途中ですね。

受験生に負けじと頑張ります!!