受験校が決まってない受験生必見!~受験校決定のコツ~ | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2020年 12月 4日 受験校が決まってない受験生必見!~受験校決定のコツ~

みなさんこんにちは、担任助手の大川です(*^_^*)

 

 

突然ですが、受験生のみなさん、、、

もう12月となりましたが、「受験校」はきまりましたか??

決まっていない人!相当まずいです!!

これからは共通テスト対策や第一志望・私大対策などで忙しくなってくるため、

「出願校を考える時間」が取れなくなってきます。

もしかして「そもそも出願校の決め方」が分かっていない…なんてことありませんか(ー_ー)!!

 

 

そんな受験生の方に今回のブログは特に読んでいただきたいです!!!

今回は…

「受験校決定する際に意識したいポイント」についてお話をしていきます!

 

ソース画像を表示

 

まず最初に、みなさんの受験する大学は3つに分類できると思います。

①挑戦校 ②実力相応校 ③安全校 の3つです。

 

①挑戦校 とは

自分の今の実力的にかなり努力をしないと合格することが難しい大学のことです。

合格確率でいうと10%~40%くらい。

多くの受験生の第一志望(人によっては第二志望以下も)は、ここに分類されます。

 

②実力相応校 とは

今の自分の実力ならおそらく合格できるだろうとされる大学のことです。

合格確率でいうと50%~70%

 

③安全校 とは

ほぼ確実に合格できる、また体調が悪かったり本来の実力を発揮できないときでも合格できる

いわゆる「すべり止め」の大学です。

合格確率は80%以上です。

 

次に、この3種類の分類それぞれどの程度出願するかを決めます。

 

※出願する際には、この3種類を意識して出しておくと良いです。※

①挑戦校1~3校

②実力相応校2~3校

③安全校2~3校

 

およそ10校程度を目安に出願しておくことが目安です。

それぞれの大学の入試日程がかぶっていないか、出願締切日、合格発表、入金締切(一番大事)

がいつかは絶対にもう調べておきましょう!

ソース画像を表示

 

そして最後に、共通テスト利用入試について考えます。

(共通テスト利用入試とは、一般入試を受けず、共通テストの点数だけで合否が決まる入試形式のことです。)

共通テスト利用入試も一般入試と同様、

①挑戦校

②実力相応校

③安全校

の3つに分類し、すべて1~2校程度出願するとよいでしょう!

 

大学入試は自分の実力もそうですが、その日のコンディションや問題の相性など、運の要素も関わってきます。

そのため出願に関しては慎重に考え、手厚く出願することを心がけるとよいです!

 

その他何か質問があれば東進ハイスクール志木校へどうぞ!