志木校を卒業する皆さんへ | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2016年 3月 14日 志木校を卒業する皆さんへ

こんにちは、志木校の古谷です。

昨日、毎年恒例の卒業式を行いました!

校舎での最後の思い出になっていると嬉しいです!

そこで生徒の皆さんへ贈った言葉です。

当日参加出来なかった人もいましたので、1人でも多くに届くと嬉しいです。

 

 ————————————————————————————

志木校の皆さんへ  

 

皆さん、ご卒業おめでとうございます。

受験がひと段落して、進学する人、もう1年頑張る人様々いると思います。

そんな皆さんへ最後の一言を伝えさせてください。

  

まず第一志望校に合格した皆さん、おめでとうございます。

努力が実ったという自信は、これからもずっと皆さんの糧になると思います。本当に頑張りました。

ただ決して現状に満足しないでください。

大学に入ってからの努力を必ず続けてください。

合格したことで満足し、努力をとめてしまい、無意味な4年間を過ごした人を何人も知っています。

皆さんにはそうならないで欲しいです。

どんなことでも良いので熱中して一生懸命になれるものを探してください。

期待しています。

 

次に、第一志望校に残念ながら合格せず、第2志望以下の大学に進学する皆さん、おめでとうございます。

皆さんは受験を通して、悔しい経験をしました。

その悔しさがパワーになります。

実際合否なんて、人生のなかではほんの一瞬のものです。

それよりも長い人生を見た時に、その悔しい気持ちを活かすことが出来るかの方が大事です。

高校生の時に、志望していた大学に合格しなくても、社会人として素晴らしい人を何人も知っています。

コツコツ努力を続けていけば、数年後にきっと飛躍できます。

頑張ってください。

 

最後に、もう1年頑張るという決断をした皆さん。

おめでとうございます。

進学する人に比べれば、確かに大変かもしれません。

でもその決断を応援してくれる保護者の方や友達がいることを忘れないでください。

自分と向き合って勉強に打ち込む経験から、忍耐力と強い精神力が得られます。

今はまだ不安があると思いますが、大学に入ったあとや、就活、大人になった時に絶対に活きてきます。

大事な1年にしてください。

  

受験を通して得た結果は様々だと思います。

でも全員、これからが本番です。その結果から何を学びとるかが大事です。

皆さんが努力を続けられる「ホンモノ」かどうかがこれから問われます。

学校で学んだこと、ご家族から支えて頂いたことを決して忘れないでください。

そのなかに、少しだけで良いので志木校で学んだことが残っていると幸いです。

 

僕自身も皆に負けないように頑張ります。いつか成長した皆さんと会えるのを楽しみにしています。

皆さん、本当に卒業おめでとうございます!

 

2016年 3月13日 志木校 古谷恵一