担任助手夢紹介 Part.2 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2014年 5月 14日 担任助手夢紹介 Part.2

こんにちは。

本日は、担任助手紹介第二弾ということで、私、宮本の夢をお話ししようと思います。

私の夢は「国家公務員として社会の役に立つこと」です。

とくに海外の人と関わる仕事、外交官みたいなものになってみたいと思っています。

 

この夢をいつから持ち始めたかは詳しく覚えていませんが、おそらく中学生の頃だったと思います。

今現在、日本人の平均寿命は70~80歳程度ですよね。そのうち仕事をするのはざっと40年程度あります。
人生における職業のウエイトって結構大きいですよね。

だからこそ、大きなやりがいを感じられる職業に就きたい、私はそう思ってます。

1億2千万の国民のために、国益を書けて外国の人と時に協力し、時に争う。
「やりがい」の考え方は人によって違うと思いますが、この様なことに関わり、役に立つことが出来るというのはとてもやりがいのある事だろうと私は思います。

 

「国家公務員」言い方を変えれば「官僚」。とたんに響きが悪くなりますね。
最近、特に逆風が強いようにも思えます。でも、国民の安全、安心のために苦労を惜しまず努力する姿に私はとても憧れを感じます。

国家公務員という職業については以前から色々と調べた事はありますが、そうは言っても私はまだまだ大学1年生です。分からないことも沢山あります。どの省庁に行きたいとはっきり決めているわけでもありません。

ただ、なんとなく抱いている夢をもっと知るため、そして叶えるためにいま通う大学に進みました。

今、私の周りには同じ夢を持つ優秀な先輩方や才能に溢れた同級生たちが沢山います。先輩方から色々なことを学び、友人たちと切磋琢磨しながら頑張っていきたいと思います。

夢を持つことって、とても大切なことだと思います。
受験勉強においても、将来の夢を持ち、それに向かって頑張ろうとする気持ちは辛い時を乗り越える原動力になります。

 

皆さんに将来の夢はありますか?

私達にお手伝いできることがあれば、是非東進ハイスクール志木校にお越し下さい!