早期基礎力修得で成績の伸びが決まる! | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2014年 2月 4日 早期基礎力修得で成績の伸びが決まる!

こんにちは!!ご無沙汰の木村です。

今日は雪がふりましたね!

こんなにしっかりと降ったのは今シーズン初じゃないでしょうか!

昨日までの暖かさが嘘みたいですね・・・

しかし、これからしばらくまたこの寒さが続くみたいなのでしっかりと体調管理はしましょう。

 

 

最近はというと、2月に入り、一般入試が続々とはじまり今まさに受験シーズン真っただ中!

校舎で見かける受験生が少なくなってくると

入試の時期なんだなと実感するとともになんだか寂しくなります・・・

受験生は、これまで培ってきたすべての力を出し切ってください!

とにかく自分がやってきたことに自信を持つこと!!

 

 

そして新高3生にとっては、いよいよ受験生としての一年が始まりました。

そんな新高3生のために本日は改めて「基礎力」の大切さについてお話します。

まずは、この資料を見てください。

 

 

これは、高2の2月時点の「センター試験本番レベル模試」における

英語の得点がほぼ同じだった生徒の基礎力による3つのグループ分け、

彼らのセンター試験本番の得点を比較したものです。

(※ここでいう基礎力とは、「センター試験本番レベル模試」の第1問や第2問の得点をさします。)

 

 

これによると、高2の2月時点の基礎力が

 

50%未満のグループは本番で147.2点

50%以上70%未満のグループは152.2点

70%以上のグループは163.1点

 

を得点し、50%未満のグループと70%以上のグループでは15.9点も差が開いています。

 

以上の結果から、高2の2月時点の得点はほぼ同じでも、

基礎力の差が、センター試験本番の得点に大きく影響することがわかります。

 まずはだまされたと思って、今月いっぱい基礎力に時間を割いてみてください!

数か月後、大切さを実感するはずです!

 

 

招待講習のお申込はコチラ

 

公開授業のお申込はコチラ

 

 

 

志木校 担任助手 木村美穂