早稲田大学日本史対策 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2016年 3月 23日 早稲田大学日本史対策

みなさんこんにちは。

東進ハイスクール志木校です!

 

本日は、早稲田大学日本史対策についてです!

早稲田大学の日本史について、皆さんはどう思いますか?

 

私が受験生のころは、

「相当難しいだろうなあ」と思っていました。

 

しかし!そんなことは無いです!!

 

なんと、早稲田大学日本史で出題される問題の、

7割以上は「基礎問題」なんです!

 

「基礎問題」とは

いわゆるセンター試験で出題される問題と同じレベルの問題

と捉えていただければと思います。

「早稲田に合格するために、細かい部分も覚えなきゃ…」

「教科書、参考書、史料集、用語集…などなど、

全部の用語を完璧に覚えよう!」

などは必要ないのです!

 

 

では、なにを目安に自分の実力を測るのかというと、

 

まずは!「センター試験満点」を目指してください!

 

 

センター同日が終わり、数ヶ月が経ちました。

結果はどうでしたか?

もしも、「基礎」が固まっていないのであれば、

細かい知識に執着するのではなく、

センター試験に出題されるような基礎問題

徹底的に覚えることを意識しましょう!

 

 

ちなみに!

私のセンター試験同日の日本史の結果は30点ほどでした…

そこから、徹底的に「基礎」を固め、

センターで点数を取ることを意識して日本史を勉強し、

8月末のセンター模試で9割に達することができました!!

 

 

そして9月以降は

スムーズに早稲田対策に移ることができ、

本番でも日本史は私の武器になりました!

 

 

合格最低ラインは、年度によりますが7割ほどです

「合格」を勝ち取るためには、

いかに「基礎」を完璧にするかが重要なのです。

 

 

以上!

 

 

 

志木校 広島