第一志望合格する人たちがやっていること | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2020年 3月 31日 第一志望合格する人たちがやっていること

みなさんこんにちは!担任助手の大川です。

明日から4月1日となり、年度が切り替わります。

これで正式に、今まで高校2年生だった人たちは受験生となるわけですね。

今日はそんな受験生になるみなさんにメッセージをお送りしたいと思います。

 

受験の1年間はとてつもなく濃く、長く、そしてあっという間の1年間になると思います。

その1年の中で必ず意識しておいてほしいことは、

「なぜ?」「どうすれば」「これからは」

という3つの事を常に自分に問いかけることです。

 

・「なぜ?」

これから、勉強が思うようにはかどらないとき、模試の点数が思うように伸びないとき、過去問で点数がとれないときなど、自分の思い通りにいかないことは沢山出てくると思います。

そのとき、「なぜうまくいかないのか?」という原因を必ず探すようにしましょう。

頭の中で思い浮かべてみたり、ノートに書きだしてみたりしてもかまいません。

 

『なぜ勉強がはかどらない?→眠いから』

『なぜ英文が読めない?→単語がわからないから』

ソース画像を表示

・「どうすれば」

その原因が見つかったとしても、それを放置してしまっていては結局問題は解決できません。

どうすればその原因が解消されるかを考えてみましょう。

 

『眠くて勉強できない→夜更かししないでもっと早く寝るようにする。』

『単語がわからなくて英文がよめない→もっと英単語の勉強をするようにする。』

ソース画像を表示

・「これからは」

解決策がわかったところで、これから勉強をしていくうえでのスケジュールにそれを取り込みます。

 

『夜更かししないでもっと早く寝る→寝る前にスマホをさわらない』

『もっと英単語の勉強をするようにする→毎日電車にのっている時間を英単語の時間にあてる』

 

一見すると当たり前のことを言っているように見えるのですが、

この当たり前のことを普段の勉強や、過去問をやっていくうえで取り組めている人って本当に少ないんです。

第一志望にしっかりと合格している生徒ほど、この基本的なことを常に意識して行っています。

これからの一年間『なぜ?』『どうすれば』『これからは』の姿勢を常に忘れずに、がんばっていきましょう。