昨日は難関大・有名大模試でした! | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2015年 7月 21日 昨日は難関大・有名大模試でした!

こんにちは。

志木校の宮本です。

夏休み、志木校の生徒たちは

今日も朝から頑張ってます!

さて、昨日は

難関大・有名大の記述模試

実施しました!

難易度の高い模試なので、

受けた人は結構大変だったと思います。

上手くいかなかったという人も

少なからずいるのではないでしょうか。

 

模擬試験は、

もちろん受けることにも

大きな意義がありますが、

受けっぱなし程

もったいないこともありません。

特に今回は記述模試なので、

復習が本当に大切です。

今回のホームページは、

僕自身が記述模試で

どんな復習をしたか、

ちょこっと書いてみたいと思います。

 

<受験直後>

・まず、時間が足りずに

 解けなかった問題は、

 自力で解答をつくってみます 。

 

・次に、センター模試同様、

 (いつも通りの)復習をします 。

 

・ここが記述模試独特のところですが、

 次に記述模試では

 解説と解答をよく見比べます。

 どのポイントが

 どのように点数に結び付くか、

 よく確認しましょう

 

・最後に、

 自分が作った解答

 (メモを取ってなかったら思い出してみて)

 に点数をつけて、

 自分の点数を予想してみます。

 そして点数をより上げるには

 どのようなところに

 気を付ければ良かったかなど、

 少し考えてみましょう

 

<答案返却後>

・予想していた点数と

 実際の点数を見比べてみて、

 どこがどのように

 予想と違っていたのかを確認します。

 

 ・気になる問題、

 全然できなかった問題は

 書き直してみましょう。

 分かったつもりでも

 意外と書けないことが多いです。

 

記述模試の復習で大切なことは、

どういうポイントが

どのように評価されるかを

確かめることです。

受験で

より高い点数の取れる答案を書くためにも、

ちゃんと復習しましょう!

 また、この感覚が

しっかり備われば、

受験本番で

合格発表が怖くなくなります(笑)

事前に結果が

わりと正確に

予測できてしまうので。

 

ちなみに、

解答解説に書いてあることを

ただ鵜呑みにするのではなく、

しっかりと自分の頭で

論理立てて考えるようにしましょう。

自分の考え方と

解答解説にある考え方と

どこがどう異なるのか、

しっかりと比べてみましょう。

 もしも、自分の考え方に自信があって、

なおかつどうしても解答解説の考え方が

信じられないのなら、

それはそれでいいと僕は思います。

そんな時はもしかしたら、

自分の考え方の方が

正しいかもしれません。

正解を知ることも大切ですが、

何よりも大切なのは

自分の頭でしっかりと考える事です。

今回の模試もしっかり復習して、

意義あるものにしましょう!

 

 

東進では只今、無料特別招待講習を受付中です!!

毎年たくさんの合格実績を出している映像授業を

今なら無料で体験できます!!

 

勉強に不安がある方、受験に不安がある方

ぜひ志木校にお越しください!

心よりお待ちしております!

 

 

 

東進ハイスクール 志木校

宮本