模試の活用法!! | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2014年 2月 26日 模試の活用法!!

こんばんは!!

この前の日曜日は、第1回センター試験本番レベル模試でしたね!

あと1ヶ月もすれば、新学年がスタートすることもあって、今回の模試をうけて

学習意欲も一段とわいてきた人も多くいるのではないかと思います。

そんな人に伝えておきたいことが

模試を上手に活用することの重要性です!!

模試をどのようにいかすかで今後の成績の伸びや学習計画にも大きく影響が及びます。

しかし実際は、そのメリットを十分に生かしきれていない人が多くいるように感じます…。

そこで今回は、模試の上手な活用方法を紹介するとともに、学力の伸びる受け方を

少し紹介しようと思います。

 

今回は、

 

①選ぶ

②受ける

③見直す

 

の3つポイントで、活用方法を見ていきましょう!

 

 

①選ぶ

模試には多く種類がありますが、みなさん、どのようにして模試を選んでいますか?

実は、模試の選び方にもポイントがあるんです!

注意したいのは、レベルに偏りがないことです。

「まだ志望校のレベルの問題は解けないから…。まだ、学習範囲が終わっていないから…。」

と、現在の学力だけで模試を選び、志望校レベルの模試を受けないと、

いつまでもゴールとの距離が分からないままになります。

現在の学力に合った模試だけでなく、志望校レベルの模試も合わせて受験することがポイントです!

 

②受ける

高い集中力と緊張感を持って受ける模試では、普段の学習以上に脳がフル回転しているため、

模試を受けているその瞬間こそ、学力がぐんぐん伸びます!

本番同様の真剣勝負で受験できる模試は、受験中に学力を高めていくことができるのです。

そこでポイントとなるのが、東進の「センター試験本番レベル模試」のように、毎回同じ基準で

試験範囲が設定されている模試を連続して受けることです!

 

連続受験するメリットは、

①前回からどれだけ伸びたかはっきりわかる

②次の模試までに、何をやるべきか、優先順位をつけて学習計画をたてられる

といった、志望校合格に向けて、役に立つ材料になります。

 

③見直す

模試は、その時点の学力をはかるだけではない。

受験後の復習のタイミングと方法が、その後の学力の伸びを大きく左右します。

模試受験の感覚が鮮明なうちに、自己採点を復習をしっかりとしましょう!

また、出題された問題は、間違っていたものは、もちろん

正解していたものも必ず解説を読んで、解答までの考え方が正しかったかどうか

確認するようにしましょう!!

 

まずは、今回の模試を活用するためにも

③の見直す をしっかりと行いましょう!!

 

 

また、模試以外でも

東進の受講やシステムについて少しでも気になる高校生のみなさんは、

特別招待講習を是非受けてみてください!

今なら2講座まで無料でご招待します!!

特別招待講習で、受験生としてのいいスタートを切りましょう!!!

お申し込みはコチラから!!

 

 

 担任助手 木村美穂