模試を使う | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2016年 4月 30日 模試を使う

こんにちは

志木校の尾山です。

 

 

あっと言う間にもう4月も最終日となりました。

先週センター本番レベル模試

昨日高校生レベル模試

と、全学年の皆さんが模試を受けて

自分の実力をはかったと思います。

 

受けてみて、

自己採点してみて、

どうでしたか?

思ったより点数が上がっていなくてがっかりした人

点数が前回よりも伸びて喜んでいる人

色々いると思います。

 

 

今日私が言いたいのは

点数ではなく

間違い方を見てほしい。

ということです。

勿論、8月末の模試で目標点突破を目標に

努力している受験生にとって、

点数は気になってしまうと思います。

点数をまったく気にしないのではなく

点数で一喜一憂しないでほしいのです。

 

 

思ったより伸びない

勉強したのに上がらない

そう思っている人、いませんか?

 

なぜ間違えたのか、

知識として抜けていたのはどこなのか

落ち着いてみたら解ける問題はなかったのか

分析してみて下さい。

 

 

我流ですが、分析の仕方

紹介したいと思います。
 
 
 
解き終わって、自己採点してすぐに、
 
解説を見てしまう人いませんか?
 
それでは、どうして間違えたのか、
 
本当は解ける問題だったのか
 
知ることができません。
 
 
 
私は、自己採点の時にかならず
 
マルかバツかだけをチェックするようにしていました。
 
その後、間違えた問題だけ、
 
選択肢が一個減っている状態で
 
解き直していました
 
 
 
実は、これで復習の優先順位がわかります。
 
 
 
この時正解できた問題は、
 
迷った末に選ぶのをやめた問題や、
 
ただのケアレスミス
 
だと思います。
 
 
 
これは、自分の知識のツメが甘かったもの
 
一度間違え、覚え直せば
 
もう次は間違えないはずです。
 
優先順位は1番
 
すぐに復習を終わらせなければならない部分です。
 
 
 
次に、選択肢が減っている状態でも
 
間違えてしまった問題があると思います。
 
これは、単なる知識不足です。
 
解説を読んで、わからなければ調べて、
 
まずは理解してください。
 
これは優先順位2番
 
しかし2周目以降の復習優先順位は1番です!
 
何周もして確実に知識にしてください。
 
 
 
また、点数が伸びた方!
 
「わーい、頑張ったから点数伸びた!」
 
で、終わりにしていませんか?
 
 
 
どの部分が伸びたのか、
 
どうしてそこが伸びたのか
 
振り返ってみてください。
 
そこに、自分に最適な勉強法が
 
あるはずです!
 
是非、それを続けてください!
 
 
 
また、まだまだ弱いところはどこなのか
 
大問ごとに詳しく分析してください。
 
そこを伸ばすための努力を今から始めれば
 
これからまた、
 
ぐんと点数が伸びるはずです!
 
 
 
 
このような形で、
 
たった80分の模試1つでも、
 
これだけ自分の身にすることが出来ます。
 
自分の力を手っ取り早く
 
試すことができるのが模試です。
 
自分の力を分析できなければ、
 
この先にもつながりません。
 
 
 
「模試を使う」
 
という意識を持って
 
6月の模試に向けて頑張ってください!
 
 
 
 

東進ハイスクール志木校は

頑張る部活生を応援します!!

志木校 尾山