音読 古谷先生ver.① | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2016年 3月 13日 音読 古谷先生ver.①

んにちは、古谷です!

今日は音読の仕方についてお話しします。

最近校舎で音読している人が増えていますね。

その時にどんなことを意識していますか?

ただ漠然と行うだけでは勿体ない!

 

今回は2回に分けて、「どんな音読が効果的なのか」を一緒に考えましょう。

 

受験勉強のみならず、大学に入ってから第二外国語を学ぶ際にも活かせると思います!

勉強の仕方は様々です!あくまで参考の1つにしてください

 

 

まずは皆さん、楽しく英語の勉強をしていますか!?

僕はとにかく、英語を楽しむこと、

特に「ネイティブの感覚に近づける」ことを意識していました。

 英語言葉です。

世界にはこの言葉を使って実際に生活している人がいます。

 

 

試験に出てくる英語の問題は文法、構文、長文、リスニングなど、
様々ありますが、 問われ方が異なるだけで、
言葉」であることには何ら変わりはありません。

 


法則・規則もあるにはありますが、
ネイティブの感覚に近づける」ことで、
言葉として楽しみながら、
自然に英語の力を上げていけるように取り組んでいました。

 


ネイティブの感覚に近づける」とは、
英語を英語のまま理解する」ということです。

 

当然ですが、英語は、
普段使っている日本語との文構造が大きく違います。

 

読んだり、聞き取ったりした英語を
頭のなかで日本語に訳す作業は時間がかかります。

 

 

 

ではどのように勉強すれば良いのでしょうか!

用意するものは学びたい文章のスクリプト音源

ポイントは「聴いて読むこと」と、「真似すること」の2つです!

 

 

①まず読む・聴く

⇒短文でも長文でも、最初に英文をしっかりと読みましょう。

3回くらい。  

英語が苦手な人は、

センター1800の例文や例文300短文から始めましょう。     

そして音源を用意して、

どんなイントネーション発音をしているのか聴きましょう。  

1回目はとにかく読んで・聴いてみる。

2回目からは単語・構文・文法に注目し、 意味を考えながら読み・聴きましょう。

 

  

②文章を見ながら、音声に合わせて真似しながら読む

 ⇒音源に合わせて、音と一緒に読んでみましょう。

再生している音声の後を追うイメージです。

 意味を考えながら、音声の真似をして読んでください。  

 発音・イントネーション・息継ぎを合わせていくことで

ネイティブの感覚に極力近づけます。

 

 

このがまず基本です。

これを続けることで、読むスピードが速くなるリスニング力が上がります。

それはなぜでしょうか?

答えは次回お伝えします。おたのしみに!

 

 

 

志木校 古谷