6月 | 2020 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ 2020年06月の記事一覧

2020年 6月 20日 模試への心もち

こんにちは!担任助手の水野です(^^)/

6月ももう残り3分の1ほどになってしまいましたが、、、(-_-;)

明日、6月21日はついに全国統一高校生テストです。

4月末の模試から二カ月弱が経ちましたが、きちんと実力がついているのか不安な人も多いのではないかと思います。

私も模試の前日は、「点数が伸びていなかったらどうしよう」ととても緊張していました。

しかしここでひとつ、皆さんに言いたいことがあります。

『模試の判定は気にしなくていい!』

模試の結果が返ってくると、第一志望校の合格判定を見ることが出来ます。

「めちゃめちゃ頑張ったのに、またE判定だった、、、絶対受からない、、」と肩を落とす必要はありません。

この時期の模試がE判定でも受かることは全然あります。

なんなら私は12月の模試までずっとE判定しか出ませんでした(-_-;)笑

 

気にしてほしいのは、判定よりも内容です。

模試は、今何が出来て、何が出来ないかを自分で把握するためにあります。

点数が悪くても、判定が悪くても、

「あぁ、今ここが出来ないと知れてよかった。これが本番じゃなくてよかった。」と考えると良いです。

復習もしっかりして、自分に意味のある模試にしましょう!

 

皆さんは今まで頑張ってきました。実力を存分に発揮してきてください(ー_ー)!!

 

 

 

2020年 6月 18日 苦手教科の対策法

こんにちは!担任助手の木村です!

最近暑くなってきましたね…熱中症にならないよう気を付けて下さい!!

さて、本日は苦手教科の対策法についてお話ししていきたいと思います。

 

 

皆さんの苦手な科目はなんでしょうか。

 

私は英語が非常に苦手でした…

自分ではしっかりと勉強しているはずなのに、模試ではなかなか点数が取れない…

そこで木村はある日、なぜ英語が伸びないのかについて分析してみることにしました!!

 

 

そこで分かったことは基礎である単語の知識不足です。

 

学校の英単語小テストでは満点が取れているのになぜ模試になると解けなくなってしまうのか。

私の場合、これは思わぬところに原因がありました。

 

それは、日本語から英語に訳す力しかついていなかったのです。例えば、動詞の「notify」があります。

私は「~に知らせる」という訳をみればnotifyと即答できたのですが、notifyとみて日本語訳を出すのに時間がかかっていました。

 

実際模試では、英文しか載っていませんし、時間もあまりありません。そのため、私は単語帳を最初から読み直し、分からない単語には付箋を貼り、覚えるまで絶対取るな!と決めていました。

 

 

次に、苦手教科の模試の活用です。

 

模試の得点だけをみて、復習を蔑ろにしてはいませんか??

模試は苦手科目を伸ばす良い機会です。

 

私は復習の際、長文等で分からなかった熟語や単語をノートに書きだして、覚えていました。

こうして覚えることで、次回出た時には絶対に理解ができるようになります。

 

このように、苦手科目は基礎ができていないことが多いです。皆さんも苦手科目の分析をしてみることで自分が今何を勉強すべきなのか気付くかもしれません。

 

また、21日には模試があります。復習の際は苦手科目としっかり向き合い、改善点を見つけてみてください!!

 

 

今回は例として英語をあげていきましたが、他の教科の対策法を聞きたい方は是非担任助手に聞いてください!

 

2020年 6月 17日 暗記物の効率的な勉強法

こんばんは!担任助手の高橋です!

 

さっそくですが、本日は暗記モノの効率的な勉強法についてお話ししたいと思います!

 

私が使った受験科目は英語、国語、日本史でした。

この中でいわゆる“暗記物”と言われる科目は日本史だと思います。

 

しかし、私が受験生時代に一番暗記するのに苦労したのは英単語です。

 

英単語は意味を覚えるのはもちろん、品詞や語法なども覚えなければなりません。。。

しかも、綴りで区別が付けずらい物も多いです。。。

 

そこで、私は単語を解体して覚えていました。

 

visible(=目に見える)という単語で実際にやってみましょう!

 

この単語は vis と ible に分けることができます。

 

vis=“見る”に関する言葉につくことが多い語源

ible=“able(~できる)”という意味になることが多い接尾語

 

これらを組み合わせると、“見ることが出来る≒目に見える”という感じになり、

いくらか覚えやすくなります!

 

英単語に苦戦している人はぜひやってみてください!

 

 

 

 

2020年 6月 13日 共通テスト甲子園開催!!

 

 

 皆さんこんにちは! 担任助手の井上です!!

 

 今回は6/12から東進志木校内で開催された共通テスト甲子園について話していこうと思います!!

 

今年はコロナの影響で様々なイベントが中止になってしまいましたね。。。皆さんも部活の引退試合や文化祭などが中止になってしまったのではないでしょうか?

 

その中でも、甲子園の中止は衝撃的でしたね、なのに共通テストは例年のセンターの日程通りやるらしい・・・

 

そこで!東進内だけでも甲子園を開催して、熱く盛り上がりましょう!!

 

しかし、もちろん野球の甲子園ではなく、あくまで東進内での共通テスト甲子園です!!

ヒットを出したり、ホームランを打っても点は入りません・・・

 

点を入れるには共通テストの過去問をやらないと入りません!

 

ルールは簡単です!

①共通テストを1科目1年分進めるごとに1点とし、2,3つのグルメンを組み合わせたものをチームとして、そのチームごとの合計点を競う。

②入口にはってある得点表に点数を毎日更新。

③3日ごとに点数の高い上位数名の選手を強打者(MVP)として発表。

④6月中に私立志望者で演習率100%、国公立志望者で演習率80%以上の選手に共通テスト甲子園終了後、表彰する。また、優勝チームにも表彰する。

 

以上がルールです!

 

開催期間は6/12~6/30です!!

 

 

強打者として選ばれたり、最終的に表彰される選手、チームになれるように6月は共通テストの過去問をやって、点をどんどんいれていきましょう!!

 

2020年 6月 12日 長時間の勉強をこなすためには?

こんにちは!!!村上です!!!

本日は、長時間勉強をするコツを紹介します!

勉強は量より質!という人もいますが、

私の考えは「質も大事だけど、所詮勉強は時間がかかるものだから、量をやらないと受からない!」です。

 

今年は夏休みが大幅縮小されると考えられるため、受験生は学校生活と過去問演習・その復習・英単語などの基礎知識のインプット・分野別演習などを両立させてやらなくてはいけません。

思っている以上に時間は足りないと考えてください(-_-;)

 

そこで、疲れているときややる気がない時にももうひと踏ん張りできる力が必要です。

 

本題は長時間勉強するコツだったと思いますが、少し派生させて、集中力を保つコツを紹介します!

 

①こまめに体を動かす。

⇒ずっと座っている人よりも軽く運動をしている人の方が学力が高いという研究結果もあるようです!

②外の空気を吸う・換気をする。

⇒脳が酸欠状態になると眠くなったりしてしまいます。

③仮眠をとる。

⇒眠くなったとき、15分ほど寝るとすっきりします。

また、仮眠とったほうが集中力が持続するという研究結果も出ています!

④異なる脳の使い方をするものをする。

⇒インプットとアウトプット、文系科目と理系科目では脳の使う位置が違うそうです!

 疲れたときに、携帯をいじるなら、教科を変えてみたほうがいいかも!

⑤姿勢を正す。

⇒姿勢が悪いと腰や肩周りが痛くなってしまう可能性が高いです。

 また、眠くなってしまう可能性も高いです!

 

本日は、5つ長時間集中力を保つ方法を紹介しました!!!

最近暑いので体調管理に気を付けてください!