7月 | 2019 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ 2019年07月の記事一覧

2019年 7月 22日 夏休みの過ごし方~植松ver~

皆さんこんにちは!担任助手の植松 です!

 

 

さて今日は私が受験生だったときの夏休みのルーティーンを紹介します!

 

自分は毎日細かい予定の調整を行うのが面倒だったので、基本的に毎日同じルーティーンを回していました!

 

7時 世界史B一問一答暗記

8時       数学演習 

9時           ↓

10時 世界史B一問一答暗記

11時         地理B演習

12時  世界史B一問一答暗記

13時        数学演習

14時           ↓    

15時        英語演習

16時              ↓

17時       国語演習

18時                  ↓

19時     理科基礎演習

20時     世界史B演習

21時         地理B演習

22時            ↓

帰宅

 

このような感じで勉強していました。

英語・数学・理科基礎の勉強が4月までにほぼ終わっていたので、それらは演習をしていました。

対して世界史Bの勉強が遅れ気味だったので、そのインプットの時間を比較的多くとっていたように思います。

長時間同じ科目をやると飽きるので、世界史などは各科目の間に挟んで勉強していました。

今考えればこの間に挟むのがコツだったかなと思います。

 

皆さんも自分なりのコツを見つけて、継続的な勉強を行いましょう!!

 

 

2019年 7月 21日 夏休みの過ごし方~荒井ver~

皆さんこんにちは!担任助手の荒井です!

最近は夏の暑さに加え、雨もよく降るのでムシムシして溶けそうになりますね…

夏の暑さに負けないように一日三食+水分補給を忘れないように心がけましょう!

 

さて今日は私が受験生だったときの夏休みのルーティーンを紹介します!

まず夏休みは圧倒的に演習量を増やすことが出来ます

この演習は夏休み以降にすべき過去問演習の準備段階となるので欠かせません!

そこで私は以下のようなルーティーンで勉強していました!

 

7時 数学Ⅰ・A、Ⅱ・Bの参考書を解く

8時     ↓

9時     ↓

10時 物理の参考書を解く

11時       ↓

12時       ↓

13時 化学の受講の復習をする

14時     ↓

15時     ↓

16時 英文和訳の練習をする

17時 和文英訳の練習をする

18時 化学の受講の問題演習を行う

19時     ↓

20時 数学Ⅲの参考書を解く

21時     ↓

22時    帰宅

 

このような感じで勉強していました。私は夏休みは完全に二次試験対策の勉強をしていた感じです

そのおかげもあり、夏休み後にはしっかり過去問に移っていくことが出来ました

私が予定を立てていくうえで気を付けたことは続けられる予定になっているかということです

私の場合は好きな教科を一日の初めと終わりに入れ、勉強に対するモチベを上げたことが

続けられた理由かなと思っています

皆さんも楽しく勉強できるような予定を立てると夏休みを有意義に使えるかもしれません!

参考にしてみてください!!!!

 

2019年 7月 20日 夏休みの過ごし方(山田ver)

みなさんこんにちは、担任助手の山田です。

本日は高校時代の山田の夏休みの過ごし方についてご紹介します。

高校1,2年生の時と高校3年生の時の二つの過ごし方の紹介をするので、

どの学年の人もぜひ参考にしてください!

 

 

~高校1,2年生の時~

08:00~11:00

部活の朝練習

11:30~14:30

東進にて受講1コマ(数学)と復習

15:00~17:00

部活の午後練習

17:30~閉館

東進にて受講1コマ(英語)と復習

 

この頃はまだ部活があったので勉強時間が比較的すくなかったです。

(高校3年生に比べたら、です)

夏休みずっと予定通りに

学習を進められたというわけではないですが、

「とりあえず学習量を増やす!」

ということに念頭をおいて

9月末には受講修了することが出来ました!

 

 

~高校3年生の時~

07:00~8:00

音読

8:00~9:00

軽めの復習(数学・英語)

9:00~12:00

二次試験過去問

12:00~13:00

単語帳・熟語帳 WITH お昼ご飯

13:00~

過去問の復習(前日までに解いた分の一部)

理科科目復習(化学:受講10個分、物理:受講10個分)

理科科目問題演習(化学:受講10個分、物理:受講10個分)

終わり次第~閉館

午前中の復習の続き

 

 

ご飯食べるか勉強以外はしていないです笑

 

朝はまだ頭が動いていないので、

まず音読をして頭を動かして、その後に軽めの復習を行うことで

ウォーミングアップを行っていました。

 

その後は東工大の過去問です。

東工大の過去問は試験時間・問題量ともに多いので、

ベストコンディションに持って行った状態で演習を行いました。

 

お昼ご飯の時間ではこの時期比較的手がつかなくなる

単語帳・熟語帳の復習を行っていました。

 

残りの時間は量を軸にして学習を進めました。

 

過去問の復習は問題量が多いので

7日間ぐらいに分けて行いました。

 

特に理科は夏休みに入るまで問題演習に手が付けられていなかったので

ひたすら問題を解きまくっていました。

 

時間が余ったら朝の復習の続きをやる、といった感じでございます。

 

是非参考にしてください!

 

 

 

 

2019年 7月 19日 夏休みの過ごし方~奥川ver~

みなさん、こんにちは!担任助手の奥川です。

 

最近、蒸し暑い日が続いていますね…

早くカラッと晴れた日が来てほしいです!

 

多くの受験生は今日、終業式を迎えたのではないでしょうか?

いよいよ夏休みが始まります。みなさんは、どのような予定立てていますか?

 

受験生にとって今年の夏休みが大変重要な長期休みになります。

まとまった勉強時間をとれる、最後の長期休みだからです!

 

私は、去年の夏休み前半は基礎固め、後半にセンター試験の過去問を使って演習を中心とした学習をしていました。

去年の私の夏休みの学習を通して、みなさんにお伝えしたいことがあります。

それは、早く第一志望校の過去問に取り組もう、ということです。

 

もちろん、基礎が固まっていない状態で解いても力にならず、時間の無駄になってしまいます。

ですが、私が基礎を固めている間に、同じ志望校を目指している基礎固めが終わっている同じ志望校を人は、第一志望校の過去問を解き始めていました。

なぜ、早くに過去問を解き始めることがいいのかというと、自分の弱点が早く見つけることができる、

また、志望校の傾向がわかるため対策が早くからできるからです。

 

まだ受講が終わっていなかったり、基礎が固まっていない人は、

7月中には全て終わらせて過去問に取り組めるようにすることをおすすめします。

 

まとまった勉強時間がとれる最後の夏休みを有意義に過ごし、第一志望校合格のために頑張りましょう!!!

2019年 7月 18日 夏休みの過ごし方 ver.Koyama

みなさんこんにちは! 担任助手の小山です。

定期テストも終わり、いよいよ夏休みに入ろうとしています。

 

夏は受験の天王山と言われるように夏休みの使い方が非常に重要です。

受験生は1日15時間は勉強しましょう!!

15時間といわれると「そんなできない」と思う人もいると思います。

そんな人は考え方を変えてみましょう!

がむしゃらに15時間勉強するのではありません。

必要なことを一つずつやっていけば普通に15時間くらい経ちます。

夏休み中に達成したい事から逆算して一日にやるべきことを決めましょう!!

 

 

僕は毎日15時間自習室で勉強していました。

夏休みの一日の使い方を紹介したいと思います。

午前中は頭がクリーンな状態なので英語の長文や現代文をやっていました。

お昼ご飯を食べた後は眠くなるので英語の音読をしていました。

夜は英単語や古文単語などの暗記系と日本史をやっていました。

 

自分に一番あったスケジュールを確立し、

習慣化すれば夏休みの40日間ぐらい簡単に乗り切れます。

夏休みのスケジュールに不安があるひとは是非相談してください!!