12月 | 2019 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ 2019年12月の記事一覧

2019年 12月 22日 センター試験までの一ヵ月間何をしていたか by岡地

こんにちは!志木校担任助手の岡地です。

本日は私がセンター試験前一カ月をどのように過ごしていたか紹介します。

 

東進では12月に最終センター試験本番レベル模試があります。

そこで私は5教科7科目型で4月以来最低の645点(71%)を取りました。

第一志望の大学がセンター比率が高かったので、かなり絶望しました。

9,10,11月と二次私大の過去問をひたすら解き理系科目にしかほぼ触れていない

状態だったのにその理系科目も振るわず、文型科目も当然のように取れませんでした。

 

この状況でセンター試験一カ月前に突入します。

第一志望の大学のセンター試験配点比率が62%と大きかったこともあり、

最後の一カ月はひたすらにセンター試験演習をしました。

冬期期間は8時30分に校舎が開館したため、

午前中に数学二教科と残りの時間でリスニングをやり、

12時ちょうどからお昼を食べ、午後一番に英語を解きました。

10分の昼寝をはさみ、地理を解き、

再び10分昼寝し、国語をやったのち、理科二教科をやりました。

この順で、学校が休みの間は毎日すべての受験教科をやりました。

 

こうして一カ月弱を過ごし、本番では754点(84%)でした。

なかなか点数が変わらず、年末あたり精神的に不安定になることもありましたが、

諦めず、自分を信じて演習し続けたことは結果に表れました。

残り時間が少なくなり、何をすればいいのか不安になっている

受験生もいると思います。しかし新しいことに手を出したり、

特別なことをしなくては、と考える必要はありません。

平常心で最後まで戦い抜きましょう。

2019年 12月 20日 センター試験まで何をしよう??

こんにちは!担任助手の安本です!

 

センター試験まで残り28日となりました。

 

このラストスパートは

 

大逆転合格の可能性

 

気持ちが弛んでしまって

希望の大学から大きく下回った大学への進学、

あるいは全落ちの可能性といった

 

この先を大きく分ける2つの可能性あります。

 

今日は受験生時代に私が気持ちを切らさぬよう。

そして、センター試験に向けて実践していたことを

お話ししようと思います。

 

①気持ちを保つために

直前期は常に「大学に合格できるだろうか」といったような不安との戦いだと思います。不安はいくら勉強しても拭い去れるものではありません。

その時は、志望大学のパンフレットを見て、自分がその大学に通っている姿を想像してみたりしていました

また、東進POSの応援メッセージを視聴することもオススメです!

 

②センター試験に向けて

センター試験に向けて、私は各科目センター10年分の見直しをもう一度行いました。

その過程で、自分の間違えた問題はなぜ間違えたのか。なぜ正解を出すことが出来なかったのかを考え抜き、

各科目を完璧な状態に仕上げます。

また、想定されうる問題も対応できるようにして、本番までにイメージトレーニングを重ねるようにしました。

 

ざっくりこんなことをしていました!あくまでも1例です。

残りの期間を生かすも殺すも自分次第です。

やれることはすべてつくしましょう!

2019年 12月 18日 2019年12月18日 低学年HRがあります!

みなさん、こんにちは!担任助手の奥川です。

 

この時期は多くの高校生1・2年生が冬休みをむかえた、

またはむかえようとしているのではないでしょうか。

 

冬休みは高校1・2年生にとってとても大事な時期になります。

 

受験の事を本格的に考えるのはまだ早いのではないかと思う方もいると思います。

ですが、1月に行われるセンター試験同日模試での得点率が、1年後の合否に関わってくるのです!!!

 

では、センター試験同日模試までの残り1か月、具体的に何をやればいいのでしょうか…

 

12月21日(土)・22日(日)18時から19時に低学年HRがあります。

そこでは志木校担任助手の東京工業大学3年生慶應義塾大学1年生が皆さんに、

冬休みの有意義な使い方やこれからの学習についてお話ししてくれます!

 

これから本格的に受験勉強を始めていく皆さんのためになる話ばかりなので、

予定がない方はぜひ参加してみてください!

志木校にてお待ちしております!

 

2019年 12月 18日 2019年12月17日 【本日2講座申込み締め切り】高校2年生必見!難関大合格にはこの冬が勝負!【冬期特別招待講習】

2019年 12月 16日 【冬期特別招待講習申込受付中!】本日は最終センター本番レベル模試(低学年向け)

みなさんこんにちは!担任助手の植松です!

昨日、受験学年向けにセンター試験本番レベル模試のブログが書かれていたので、本日は低学年の生徒をイメージしてセンター本番レベル模試に関するブログを書きたいと思います。

中には「僕らは共通テストの世代だからセンター模試を受けても意味がない!」と思う生徒もいるかもしれません。

しかし、もしかするとその理屈は通らないかもしれません。

東進のセンター模試では共通テストを見据えて、低学年専用の問題が作られている場合もあるんです。

(12月は同じ問題でしたが、同日模試は低学年専用の問題を予定しています!!)

 

しかも仮にセンター試験形式の問題であっても、過去の受験生と自分の学力を比較できるのはセンター形式の模試だけですから、受験する意味は大いにあると思います。