副教科に充てる時間 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2020年 1月 3日 副教科に充てる時間

新年あけましておめでとうございます。

いよいよ大詰めの時期になってきましたね。

 

そんな中、センターにしか使わない副教科(文系の理科基礎や理系の社会科目)

に去年の終わりからより真剣に向き合うようになり、

inputが思っていた以上に大変で焦りを感じている人も

いるのではないでしょうか。(私が実際そうでした。)

まだまだinputが足りておらず、過去問に手を出す勇気がでないと

感じることもあるでしょう。

しかし勉強する上で大切なことはinputとoutputの両立です。

皆さんは知識を蓄えるだけでなく、

複雑な問題の中で持っている知識を

どれだけ正確に引き出し、運用できるかを

問われています。限られた時間の中で知識を解答用紙に

正確に表現しなくてはならないのです。

 

具体的に、私が受験生の時は

45分間の昼休みにご飯を食べながら地理の参考書をよみ、

机に戻ってセンターを解き、間違えたところをやり直しました。

机に向かって社会科目を勉強した時間は1.5時間ほどでしたが、

スキマ時間もほぼ地理をやり続けていたためセンター前は

3時間弱ほどやっていました。

 

皆さんもoutputに意識してラストスパートかけていきましょう!!