ブログ | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ 

2019年 9月 16日 9月からの勉強法、どう変える?

こんにちは!担任助手の大川です。

最近涼しくなってきたかと思えば、また暑くなったりして、天気が不安定ですね。

そろそろ秋になるのを肌で感じます。

季節の変わり目は体調を崩しやすくなる人が多いので、みなさん体調管理をしっかりしましょう。

(まだちょっと早いかもですが)インフルエンザなどの予防をするためにも、マスクをするようにしてもいいかもしれませんね!

これからは体調不良は自己責任です。睡眠時間を削って勉強して、体調を崩すことは褒められたことではありません。自分の体調、生活習慣、食生活などを今一度見直してみましょう!

 

 

それでは今回のお話は「私の9月からの勉強スタイルの変化」についてです!

私は、二学期から二点、勉強法を変更しました。

①志望校に特化した勉強をするようになったこと

私は夏休みいっぱい部活をやっていたので、時間がほかの受験生より比較的少なく、過去問よりも基礎を固めることに夏休みは重点を置いていました。

そのためがっつり過去問演習をやるようになったのは9月からです。

その時に感じたのは

「このまま基礎を固めているだけでは私の第一志望は合格できない!」

ということです。

実際に過去問を解いてみて、どこまで深い知識が私の第一志望である慶應義塾大学法学部は要求しているかということを痛感しました。

それからは例えば日本史であれば用語集を使って教科書では出会わないような単語をおさらいしたり、

使っている英単語帳のレベルを一つ上げてみたり、熟語帳を使うようにしていきました。

受ける大学によって求められる知識は変わってきます。

実際に過去問を解いて、どういう知識をその大学が求めているのかを体感しましょう。

 

②切り替えを行うようになったこと

夏休みは部活をしていた私ですが、午前中は部活をして適度にリフレッシュしていたからこそ午後にしっかり勉強に向き合うことができていました。

二学期からはそんな部活もなくなってしまったので、

例えば少しだけyoutubeを見たり、友達と話したり、漫画を読んだり、お昼寝をしたり…など適度にリフレッシュできる時間を設け、切り替えをしっかりするようにしていました。

 

「自分に甘さを出すと落ちる」と考える人もいますが、

私の場合はずっと勉強に向き合っている方が逆に非効率だと考えています。

(仕事とかもずっとやり続けるよりも適度に休憩を取る方が効率があがるっていいますしね)

この考え方は人によるので何とも言えますせんが、自分にご褒美をあげて、「よし、また頑張ろう!」と考えられる人はうまく切り替えを使って息抜きをするといいと思います!

 

2019年 9月 14日 勉強の秋!高1・2生も受験に向けて動き出す時期!

こんにちは!担任助手の宮田です。

ここ数日で一気に気温が下がって過ごしやすい気候になってきましたね!

秋もそろそろ始まるかな~と思いますが、秋と言えばみなさんは何を思い浮かべますか?

食欲の秋?読書の秋?スポーツの秋?…といろいろ思い浮かぶとは思いますが、

勉強の秋がありますね!!

受験生は天王山と言われる夏休みが終わり、より一層集中して取り組んでいることと思いますが、

実は高1・2生のみなさんもこの秋から受験に向けて動き出した方がいいということをお話ししたいと思います。

高1・2生のみなさんは「大学入学共通テスト」というものはご存じでしょうか?

学校とかで耳がたこになるくらい言われているとは思いますが、センター試験が廃止された後に設置される新たなテストです。

テストの内容はセンター試験よりも高度になっているので、これまで先輩たちが行ってきた勉強法や量ではかなわなくなってきます。

また、英検などの外部検定試験が必要になります。これも、高3になってから取得に励むようでは、ほかの勉強に集中できず第一志望校合格も遠のいてしまいます。

一方で、今から受験に向けて動き出せば間に合わせることが出来ます。

上記でも述べたさまざまな状況から、高3から受験について考えるでは遅いのです。

ちょうど勉強の秋のこの時期に受験について考えてみてください!

そのときに力になれることがありましたら、ぜひ東進ハイスクールへご相談下さい!

2019年 9月 13日 9月からの勉強法 ~増田ver~

こんにちは、東進ハイスクール志木校担任助手の増田です。

 

2学期が始まって、約2週間が経ちますね。学校主体の生活リズムに戻れていますか?

おそらく、夏休みの時と違って、自習に当てられる時間が少なくなったと感じているはずです。

そこで、今日は9月以降の勉強法についてお話ししたいと思います。

 

 

まず、一番変わることは、先ほどもお話しした通り時間が少なくなるということです。

つまり、いかに効率的に勉強していけるかが鍵になってきます。

時間の作り方についてです。人によりますが、自分は朝6時に起きて1時間勉強して学校に行き、

学校でも、休み時間を有効活用していき1時間くらいを目安に勉強し、帰りに塾に寄り17時から22時まで勉強する。

そして、家に帰り1時間ほど勉強する。というのを繰り返していきました。

これだけ頑張って、やっと1日8時間の勉強時間が確保できるという状態でした。

夏休みなら1日13時間は、当たり前に確保できていたのにっていう感じですよね。

 

 

今、ほんとに!!!と驚いている人が居るなら、感心せずにこれくらいになるように努力してください。

また、やるべき内容は人によりますが、夏にセンターレベルは完璧にしたよという人は、

第一志望校の過去問対策をやり始めて、何回も復習できるようにしてください。

 

逆に、まだ不安な科目があるよという人は、9月末までに弱点が無くなるように計画を立てて

弱点補強に努めてください。

 

 

改めて、時間の不足を感じた人もいると思います。

ぜひ、これからの生活を変えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

2019年 9月 12日 学校行事からの切り替え方

皆さんこんにちは。

担任助手の小山です。

夏休みが終わって2週間が経とうとしています。

9月は夏の疲れと気温の高低差で体調を崩しやすいです。

体調管理を徹底して勉強に取り組んでいきましょう!!

 

9月は文化祭シーズンですね。

高3生にとっては高校最後の文化祭です。

受験勉強も大事ですが、

悔いの残らないようにしましょう。

 

楽しい学校行事の後に大切なのが切り替えです。

学校行事の楽しい気分をいつまでも引きずっていてはいけません!

 

センター試験まで半年を切っている今、

1分1秒も無駄にしている暇はないはずです!

 

学校行事に全力で取り組み、

ビシッと切り替えて受験勉強に取り組む。

そして第1志望校に見事合格する。

そうすることで高校生活が真に

充実したものであったと言えるのではないでしょうか。

 

いまいちど気を引き締め直して頑張っていきましょう!!

 

 

 

 

2019年 9月 11日 当たり前だけど意外に気付いていないこと

こんにちは!

東進ハイスクール志木校担任助手の植松 です!

先日インターネットで面白い文言を見つけたので、皆さんにご紹介したいと思います。

それは

「全受験生の偏差値の伸びを平均するといくつ?」というものです。

ちょっと皆さんも考えてみてください。

部活動と勉強を両立しようと頑張る受験生や、勉強一本で頑張る受験生、早くから始めた受験生など、サンプルの属性は様々ありそうですよね。

 

では答えを言います。

正解は0です。

偏差値の定義的によく考えれば分かりますが、直感的には少し驚きですよね。

そうです。伸びの平均は0なのです。

がんばって成績を伸ばす生徒もいます。

しかし理論上、おおよその人はその努力にも関わらず偏差値は全く上がらないのです。

 

 

その差につながる要因の一つが、演習量の差です(効率的な演習のコツはこちらの8月29日のブログ参照)

そのことを意識すると、日ごろの生活や勉強の意識も引き締まるかもしれませんね!!