国語(現古漢)のコツ | 東進ハイスクール 志木校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

東進ハイスクール 志木校 » ブログ » 国語(現古漢)のコツ

ブログ

2024年 6月 2日 国語(現古漢)のコツ

こんにちは!1年担任助手の寺田です!

いきなりですが皆さんは国語は得意ですか??

私は国語が1番受験科目の中で苦手でした、、、

しかし、勉強していくにつれ、だんだんと成績も伸びてきて、

足を引っ張らないくらいに安定して点数を取ることができるようになりました!

本日はそんな私が、国語の点数を上げるためにやったことを

お教えしようとおもいます!!

まずは、現代文についてです!

現代文において何よりも重要なのは、解いた後の復習です!

皆さんはまるつけをして、解説を読んでそのままにしてはいませんか?

現代文の解き方というのは解説を読むだけでは身に付きません!

解説を読み、自分は何が出来なかったのか、どうしたら正解にたどり着けるのかを

確認した後に、私は、解説で学んだ、答えにたどり着くまでの道筋を辿りながら、

もう一度問題を解くようにしていました!

解説を読んで実践することで初めて答え方が身についていきます!

また、現代文で扱われるテーマは大体決まっていて、そのテーマについて少しでも

知識があると、内容の理解度が格段に上がります!

しかも、私大の問題などになってくると、そのテーマに関してある程度知っていなければ

解けない問題も出てきます!

なので、もしもう1回解きなおすのは時間がかかってできない!などという人は

問題文を読むだけでも効果的なので是非参考にしてみてください!

次に古文に関してです!

古文はとにかく古文単語、文法などの基礎を徹底的に固めることが重要です。

それ以外に近道はありません!

古文単語は英単語と比べて、1つの単語に対する意味がいくつもあるため、

覚えるのが大変だという声をよく聞きます。

しかし、古文は単語の意味が分からないとどうしようもありません。

まずは、1番頻出の意味を覚えてみて、その後文章で出てくるたびに

意味を増やしていうという形でも大丈夫です👍

諦めずに地道に覚えていくことが重要です!

最後に漢文についてです!

漢文については勉強法が全く分からないという人も多いと思います。

漢文において大事なのは、やはり句法を覚えることです!

しかし、句法単独で覚えようとしてもきっと難しいと思います。

なので私は、句法が使われている例文を、返り点なども含めて丸ごとすべて覚えていました!

文脈の中で覚えたほうが意味も理解しやすく、また同じ句法を使った文が出てきたときに

その例文が思い浮かびやすいです!

丸ごと覚えるのは大変だと思うかもしれませんが、漢文はあくまで文章なのであって、

句法のみ覚えていてもそれを文章に当てはめるのはとても難しいと思います!

なので思い切って、例文を覚えてみることをおすすめします!!

 

国語は他の教科に比べて、問題によって点数が変動しやすく、安定しづらい教科です。

1回のテストで一喜一憂せず、地道に勉強していけば、きっと結果に繋がります!

今日お話しした内容を是非参考にしてみてください!

~~~~~~~~~~~~~~~~

この夏、学力大幅アップなら東進!!!

今なら101講座の中から君にぴったりの授業を4講座無料招待

 

無料で受けられる、全国統一高校生テストのお申込受付中!

校舎を「志木校」にしてお申し込みください

資料の請求はこちら!

↓↓↓

東進に通っている人が受けている受講を

実際に体験することができます!

志木校の雰囲気を知ってから

入学を検討したい方におすすめです!

↓↓↓

東進に入って、勉強を頑張りたい方!

↓↓↓

 

過去の記事