夏期合宿について【2講座無料夏期講習実施中】 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2018年 7月 27日 夏期合宿について【2講座無料夏期講習実施中】

こんにちは!

 

担任助手の鈴木です。

 

今日は私の夏期合宿体験について話したいと思います。

 

私は高3の夏に合宿に参加しました。

 

英語が唯一の得意科目だったので、HHβという安河内先生の持つ上のクラスに参加することが出来ました。

 

ちなみに参加した動機はたぶん、根性をたたき直したいとかそんなんだったと思います。

 

このクラスは基本的にすべての会話を英語で行うので、しみ半分・不安半分的な感じでした。

 

初日はほぼ緊張しかしませんでした。

 

合宿では7人程度のチームをそれぞれ作るのですが、周りのほとんどが自分より点数が高い中で勢い任せでチームリーダーに立候補しました。

 

2日目からはびっくりするくらいスピーキング力が上がったと思います。

 

ただ、スピーキング力といっても、みなさんが思っているようなきれいな英語ではないです。

 

文法めちゃくちゃで、頭に浮かんだ単語をどうにかしてつなげたみたいなものでした。

 

でも、英語をアドリブでしゃべる機会というのは日本にいたら、自主的に行わない限りあまりないと思います。

 

その機会を作ってもらったおかげで、英語を話すという、非日常を味わえました。

 

そして、私は合宿を通して、学力というよりも人間として成長できたと思っています。

 

ひとつ目に、Enjoy making mistakes というのが大きかったです。

 

直訳すると間違えることを楽しんで!ですね。

 

ただ、めちゃくちゃな英語をしゃべってる時に、失敗してるなあという感覚はあまりありませんでした。

 

文法めちゃくちゃだけど、なんとなく喋れてるし、相手になんとなく伝わってるからとりあえず続けちゃおう

 

みたいな感覚でした。

 

屁理屈ではあると思いますが、とりあえずやってみて自信をつけるというのは勉強面でもなかなか役に立つと思います。

 

次に、触れる英語の範囲が増えたということです

 

このクラスでは、受験英語だけでなく、海外で起こっている問題をわかりやすくまとめてくれていたり、英語を楽しむためのツールをいくつか知ることが出来ました。

 

これを通して、楽しむことはやはり大事だなと実感しました。

 

ただこれはあくまで私の体験談なので、人によって合宿の感じ方はちがうと思います。

 

でも、なにかしらの面ではきっと成長できるはずです。

 

もし機会があれば参加してみるのも自分を変えるチャンスになると思います!

 

ただいま夏期無料招待講習を行っています。

 

無料で2講座受けられるチャンス31までとなっています!!

 

平成最後の夏、志木校で講習を受けて過ごしてみませんか?

 

来年のアナタを変えるきっかけになるかもしれません!

 

お申込みお待ちしております!