模試の帳票の着目点 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2018年 10月 25日 模試の帳票の着目点

皆さんこんにちは。担任助手の安本です。

全国統一高校生テストまであと三日です!

残りわずかとなってきました。皆さん勉強の方は順調でしょうか?

ただ、結果がどうであれ、模試の復習をしなければ次の学習につながりません。

今日は、模試復習時に、帳票のどこに着目すればよいのかについて話します!

帳票が返却されたときに、するべきことは、

自分の得意分野苦手分野を知ることです。

そしてそれらを勉強の計画に落とし込むことです。

たとえば、模試を受け、分析をして、

自分の得意分野が英単語で、苦手分野が文法だとします。

そうだとするならば、時間を割くべき分野は文法であるはずですが、

しっかり模試の分析をしないと、なにが優先なのか分からなくなり

単語ばかりをまた勉強すことにもなりかねません。

実際はより詳しく(たとえば、英文法でいえば、不定詞・関係詞などに分ける)

分析する必要がありますが、

東進の帳票には、それらが詳しく分析されている箇所があります。

模試を受けたままで終わりにすることなく、

自分の学力をのばすツールとして活用しましょう!