眠気覚ましの方法 | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2018年 7月 3日 眠気覚ましの方法

こんにちは!

 

担任助手の鈴木です。

 

今日は眠気覚ましの方法について書こうと思います。

 

と言っても、まず自分自身めちゃくちゃ早起きが苦手でした。

 

高校生の頃、色んな方法を試したのですがほとんど効きませんでした。

 

ですが! 大学生になった今、5時くらいに目が覚めるようになりました。

 

その秘訣をお教えしたいと思います。

 

その方法は、、、

 

ペナルティを課すこと!!

 

そんなことか、と思うかもしれませんが。

 

私は、大学で部活に入ったのですが、開始時刻に間に合わないとペナルティがあり、

しかも時には、連帯責任になったりもします。

 

そうなると、どうにかしてでも起きなければいけないという意識になります。

 

修学旅行の日に早起きがなぜかできるのと同じ感じです。

 

自分が遅れたら、全体も遅れるからヤバい、という意識があると思います。

 

これを1~2週間無理してでも続ける自然と体が慣れてきます。

 

親とか友達と協力して、連帯責任でペナルティを課すようにすれば、

 

早起きが身につくかもしれませんね。

 

例えば、学校に〇時まで(ちょっときついかもくらいで設定)に着いて勉強する。

 

もし一人でも間に合わなかったら今週の集合時間を10分さらに早める、とか。

 

この例が成功するのかはわかりませんが、「うわー、まじかよ」ってなるようなものがいいと思います。

 

それに、早起きが身に付くようになって思ったのは、

 

一日が長く感じるということです。

 

この意識があるだけで、トクした気分になります。

 

とりあえず、最初は無理をしてでも起きるしかありません。

 

今まで継続してきた習慣を変えようとしてるわけなので。笑

 

夏休みまでに変わることができれば、夏休みをより充実させることができると思います。

 

ぜひ今日から試してみてください。