英単語を分解してみる! | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2018年 11月 10日 英単語を分解してみる!

担任助手の鈴木です。

 

今日は英単語の覚え方の一つを紹介したいと思います。

 

みなさんは英単語をどのように覚えているでしょうか

 

時間をかけずにとにかく何周もする、赤シートを使う、長文で覚える

 

など、いろいろありますが、

 

今日はそのうちの一つ、単語を分解する方法を紹介します。

 

一つ例をあげてみましょう。

 

precedeという単語があります。

 

この単語を分解してみると、precedeに分けられます。

 

preにはpreviousなどにも共通するように「前の」といった意味があります。

 

cedeにはrecede「後退する」、exceed「~を越える」に共通するように「進む」という意味があります。

 

これを合わせて考えてみると、

 

pre「前の」cede「進む」=======>> precede「~より先行する」

 

という意味になります。

 

少し強引に寄せてるだろ!って感じもしますが(笑)

 

ただこのような、語幹・接頭辞・接尾辞を意識できると、単語のイメージがつきやすくなると思います。

 

英単語を勉強するときにイメージ化が大切、みたいなことを聞いたことがある人は少なくないと思います。

 

実際これをおさえておくと、選択肢や文章で知らない単語が出てきても、

 

プラス・マイナスの判断ができたりもします。

 

ちなみに、私は「鉄壁」という単語帳を使ったときから、これらを意識するようになりました。

 

この単語帳は他の単語帳に比べて分厚く、単語量もめちゃくちゃ多いですが、

 

イラストや語幹がたくさん載っているので、興味がある人はぜひ使ってみてください。

 

ざっとですが、分解して覚えるというのは、個人的には、こんな感じなのかな、と思っています。

 

興味がわいた方はぜひ試してみてください。

 

最後に、単語の覚え方に絶対的な方法はないと思います。合う・合わないはもちろんあると思いますので「あ、単語頭に入ってきてるな」という感覚を大切にしつつ、自分にあった方法を使ってみてください。