高校生と大学生の違い | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2019年 4月 21日 高校生と大学生の違い

こんにちは。担任助手の岡地です。

今回は、高校生と大学生の違いについてです。まだまだ少ないですが、実体験を交えてお話しします。

 

大学で講義が始まって二週間ほどが経ちました。高校と大学の違いは、ここでは挙げきれないほどあると実感させられる毎日です。

そのなかで、特に大きく感じられることは出席に関することです。高校生活では、もちろん、授業に出席することが当たり前です。チャイムが鳴っても教室にいない子がいれば、先生が生徒たちに事情を聞きます。

しかし、大学ではすべて自己責任です。出席は自己申告しなければいけませんし、出席が少なければ単位は貰えず留年します。

急に目を離されたように感じられましたが、これが大学というところなんだとようやくわかりました。高校は教育を受ける場所であり、受け身でも問題ありません。大学は自ら動く、積極的な学びの姿勢でないといけないのです。

 

大学は自由であるとよく言われますが、自由には責任が伴います。

学ぶ身であることの自覚を持って大学生活を送ります。