【6月1日夏期特別招待講習申込開始!!】模試の判定はどう受け止める? | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2019年 6月 1日 【6月1日夏期特別招待講習申込開始!!】模試の判定はどう受け止める?

こんにちは!担任助手の宮田です。

最近東進生の人たちから、模試の結果を見せてもらうことが多いです。

判定が悪いと落ち込みますし、逆に判定が良いとすごくうれしいですよね(*^_^*)

その気持ちはとても大切です、、、が!!!!

一方で、模試の判定に振り回されないで欲しいというのもあります。

私は立教大学に合格しましたが、立教大学の判定がAになったことは一度もありませんでした。

また、A判定だったけど落ちてしまったという人もいます。もちろん、判定通りに受かる人もいます。

何が言いたいかというと、模試の判定で大学の合否は決まらないということです。

受験当日に合格点を取らなければ、模試でいくら良い判定・悪い判定を取っても意味がありません。

ですので、模試の判定は参考程度にしてください。

模試の結果が返ってきたときに気にしてほしいのは「点数」です。

昨年の合格点より自分はどのくらい点数が足りなくて、あとどこの問題を正解していれば合格点が取れたのか・・・

などを考えてほしいです。

判定を見て一喜一憂しているよりも、点数を見て分析をする方が時間を有効に使えます!

模試を有効的に使って、6月の全国統一高校生テストで過去最高得点をたたき出しましょう!!

高校1・2年生のみなさんに朗報です!

6月1日(土)から夏期特別招待講習の申し込みが開始しました!!

この夏期特別招待講習では、最大講座(1講座=90分)が無料で受講できるといった、

東進の中でも無料受講数が最大のイベントになっています!!

この機会にぜひ東進の講座を体験して、この夏を充実させたものにしましょう(^^)!