モチベーションの維持のために… | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2018年 7月 5日 モチベーションの維持のために…

 

 

 

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール志木校 担任助手の植松です!

 

気温もすっかり高くなって、そろそろ夏休みですね!

夏休みでよくある話が、

「突然勉強時間が増えてなかなかやる気が出ない…」

「毎日、一日中勉強しているので集中力が続かない…」

といったものです。

そこで本日は、僕なりのモチベーション、集中力の持続方法をお伝えします!

 

まずはモチベーションの維持からお伝えします!

僕なりのモチベーション維持の秘訣は

具体的に受験のイメージをすること」です。

やってみましょう。

 

 

「受験前日は、いつもよりちょっと早めに塾から帰る。

帰り道に話している友達の笑顔も、どこかぎこちなくて…

家に帰ると親がソワソワしていて、でも、それを気付かれまいとしている。

ご飯を食べて、身支度をして、布団に入るけど、

緊張や期待、それから明日寝坊したらどうしようなんて考えて、なかなか眠れない。

参考書を見返してみるけど、やっぱり全然頭に入らない。

仕方なく布団について、何とか、寝る。

翌日。

無事おきられたことにホッとしながら、いよいよ受験だ、と緊張感が高まる。

普段は見送りに来ない親が、今日は玄関で見送ってくれるようだ。

駅について昨日の夜に調べた電車に乗るけれど、

本当にこの電車であっているのか、と不安になって

何度も、何度も、スマホで調べ直す。

音楽を聴いているせいもあってか、スマホの充電が減ってきて、

充電がなくなったらどうしよう、なんて考えているうちに

目的の駅に着く。

いよいよ受験だ。

校門の前まで人の波が出来ていて、模試のようだなぁ、

なんてふわふわと考えて校門の前につく。

そこにはいろんな予備校の人や学校の先生、そして大学の職員の人がいる。

明らかに日常や模試と違う雰囲気。

本番だ。

校門をくぐって自分の試験教室に向かう。

その時に回りにいる人がライバルなのか、と思い出して

その大学の倍率から、周りにいる何人の受験生に勝てばよいのか考える。

問題が配られる。

いよいよ本番。

まだか。

あと二分。

あと一分。

あと三十秒。

あと五秒。四、三、二、一、

問題をめくる。

最初の科目は社会だ。

問題を見た瞬間、あっ、という言葉が口を出かかっって、、、

苦手な範囲だ。

夏休みに、どうせ出ないだろ、と、

少し、ほんの少し、本当に少しだけ、手を抜いてしまった分野だ。」

 

 

 

この時、皆さんは何を思いますか?

僕は、この時に自分が何を思うか、を意識して勉強していました。

そうすると、やらなきゃ、という気持ちになるんですね不思議なことに。笑

 

 

続いて、集中力の持続方法をご紹介します!

僕の集中力持続方法は、ズバリ

「涙活」です!

疲れたときは、YouTubeで「泣ける動画」(オリンピック、映画のワンシーン等)を検索し、

一回泣きます。(笑)

すると不思議なことに、ほんの1,2分でもリフレッシュになるんです(笑)

 

 

 

本日は、僕なりのモチベーション、集中力の持続方法をご紹介しました!

合う人合わない人いるとは思いますが、試してみてはいかがでしょうか?