質問の質について | 東進ハイスクール志木校|埼玉県

ブログ

2018年 8月 13日 質問の質について

皆さんこんにちは!!志木校担任助手荒井です。

夏休みも後半戦に差し掛かってきましたが勉強の進み具合はいかがでしょうか??

夏休みのこの時期には「センター過去問演習をやっているのに点数が上がらない!」という声をよく聞きます。

そんなときはぜひ担任助手に声をかけてください!!

担任助手は一人ひとりやってきたことも、考え方も違います。

だからこそ多くの担任助手から話を聞いて知識を盗んでください!

ここで、勉強効率や成績を上げたいと思っている人は

質問の質にこだわってみてください。

どうすれば質問の質を上げられるのかというと大きく分けて二つあります。

1つ目は「分からないとこを明確化させること」です。

簡単に言ってしまえば、

どこが分からないのか人にしっかり伝えられるようになるということです。

明確に自分のわからないところを伝えられれば質問の時間を短縮でき、

質問でもたついている時間をなくすことが出来ます。

2つ目は「次につながる質問をすること」です。

「次につながる質問って何??」と思うかもしれませんが、これも簡単なことです。

その場のみの知識だけにしないために

核心まで攻めるような質問をしようということです。

この2点を意識するだけで「質問の質」は変わってくると思います!

これから質問をするときには少し心がけてみてください!!!